--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/04/21

雑文をとにかく書いてみた

 短編を書こうとすると「そうだ。『ONLINE』の鍛冶要素を先に書けばいいじゃね?」などと別のことを考えてしまう試験前日の学生のような状況になって懐かしさを感じている今日この頃。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。niziyaは元気……な、つもりですw

 いえね、まさか一日の作業時間で執筆用体裁(1行40設定、10字で400字詰め原稿用紙1枚換算)で原稿用紙1~2枚しか書けないレベルに落ち込んでるとは……って、以前にも似た状況になったことがあるので、こりゃもう、気長に、かつ諦めずに頑張ろうと気合いを入れなおしているところです。

 そういえば昨今のVRMMO系ネット小説でもそうなのですが、鍛冶要素ってけっこー適当に処理されていると思わずにいられません。『ONLINE』の基本構造を考えた2005年から10年近く経っている今になってそうなのですから、正直なところ、「もう少し考える人が増えてもいいのに……」と思わずにいられません。

 そもそもVRMMORPGにおいて、スキル制や殴り合いをプレイヤーに行わせるRPGモノなんて現実性がありません。このあたりはアーケードのロボット物で、FPS(一人称視点)な『バトルテック』が一部店舗の際物で終わった反面、SEGAさんの『ヴァーチャロン』が人気を博したあたりで証明が住んでる問題だったりします。

 ユーザーはTPS(三人称視点)によって機体やキャラがかっこよく戦っている場面を見たいのであって、それが見えなくなるFPS(一人称視点)への需要なんて日本ではないです。海外では戦争モノという形でFPSの需要が生まれたものの、それ以外でもやっぱりTPSが主流です。ダーティさで戦争系FPSを超える『GTA』シリーズだってそうです。そのあたりの認識があれば、VRゲームの設定についてもアレコレ考えるのが普通だと自分は考えていたのですが……

 まぁ、VR要素を軽いギミックとしか考えていなければ、当然、そうなるようなぁ、と思うところも少々。

 ちなみに川原礫先生の『SAO』シリーズは、そのあたり、ちゃんとクリアしてます。まず「ソードアート・オンライン」は「茅場晶彦の願望で生まれた」という背景がありますし、「アルヴヘイム・オンライン」はSAOサーバーの流用という理由付けがなされ、そのあとの「ガンゲイル・オンライン」は海外で人気の戦争系FPSっぽいゲームという形で(もしかすると川原先生は意図してなかったかもしれないけど)現実的な説得力を説明しているんです。

 自分も『Deadly Labyrinth』はWIZのオマージュであり老人の夢という設定を前提とし、殴り合い前提なゲームでキャラ設定も考えて(成功しているかどうかは別として)一般人が殴り合い(殺し合いにあらず……って、改訂するときはこのあたりをもっと書き込まないとまずいな……)しているんだ、と考えてつつ書いていました。

 一方、『ONLINE』は黎明期にありがちなマーケティングの失敗を前提とし、かつ成功例としてFV版ではウィザードガンナーが撃ちまくるゲームだよー、とか、PV版でもそのあたりがあって結局は銃がメインになったよー、とか、だから逆説的に殴り合い上等なシンたちが強いんだぜー、とか、いろいろと考えているわけで……

 なにを言いたいかというと、VR要素を使うなら、もう少しゲームはゲームとして考えようぜ、クソゲーはクソゲーとして語ろうぜ、そういう話を読みたいんだぜ、というだけの話ですw

 というここまでの文章すらも日曜日いっぱいかけて書いているあたり、自分のリハビリはまだまだか……と思わずにいられません。

 今日のエントリーまでコメントや拍手で一言を書いてくださった皆様、本当にありがとうございます。たとえどれほど短くとも、応援のメッセージひとつひとつに、けっこうガチで目が潤んでしまう昨今です。

 こりゃあ、『Deadly Labyrinth』の出版と『ONLINE』が完結するまで、死んでも死にきれんと本気で思っている次第です。やってやるぜ。やってやるぜ!

 以上、最近ようやくワーファリンの処方量が落ち着いてきたniziyaでしたw

P.S.
コメント返信は初めてしまうと体力を削って全員に答えないといけない気がするので控えています。申し訳ありませんm(_ _)m
スポンサーサイト
雑記 | Comments(15)
2014/04/18

スルー推奨

 初心に戻って原稿用紙約10枚(実際には20字×100行がめど)で書こうとしたら構想があるのに、文章がまったく思い浮かばず頭を抱えてしまった今日この頃。とにかく「書く」という目標のために、今日もこっちを更新している自分は元気です。元気なうちに頑張らないと。

 ちなみに最初は「不足の快楽」と題名でエッセイを書こうかなー、なんて考えてました。たとえば携帯電話が当たり前となった現在、携帯電話どころかポケベルすらなかった時代に「異性と連絡をとる」ことがどれほど手間のかかることであり、だからこその物語がどれほど生まれたのか……という感じの話を書こうと考えていたわけです。

 でも、それだと小説のリハビリには、ならないなぁ、と。

 なんて考えているうちに日付がかわりそうです。そんなわけで、とにもかくにも書くこと、そのものに慣れなきゃならないので、こっちを書いています。んで、さらします。さらすほどもない文章ですが、とにかく、今はリハビリが第一です。

 そんなこんなで、しばらく更新が続く可能性も高まってしまいましたが、スルーしていただけると幸いです。

 ああ、早く往年の感覚を取り戻したい……
雑記 | Comments(2)
2014/04/16

物を書く練習として

ちょっと別名義で某所に習作を短期連載しようと考えている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。自分はとにかく「書く」作業を続けようとしているところです。

そういえばその昔、「「Arcadia」さんで新規連載を始めたのです?」と尋ねられたことがありました。なにそれ、と思って示された作品名を探して読んでみると、

「……あれ? これってあの人の?」

と思ったものの、別名義だったので否定しつつ気づかなかったことにしていたら、翌年に同作が電撃小説大賞を受賞して出版された、という出来事がありました。

もうおわかりと思いますが、くだんの作品とは『超絶加速バーストリンカー』。つまり『アクセル・ワールド』です。九里史生さんこと川原礫先生は、特に当時、人物描写と改行・改段のテンポに特徴があったので、けっこうな確率で作品を読めば特定できた、という話だったりします。

同様に、虹屋の作品も長く会話が続く部分が少し特徴的なので、わかる人が読めばかなりの確率でわかってしまうはずです。ですが、そのあたりに気づいたときは「あっ……」と察したうえでそっとしておいていただければ幸いです。

などと言いつつ、面倒になって虹屋名義のまま書いてしまうかもしれませんが。

なにはともあれ、今は一文字でも多く文章を書き、「物を書く」という作業そのものを思い出していくことを最優先にしたいなーと……

えっ? だったら何も発表しなくてもいいじゃないかって?

いえ、それではだめなんです。「物を書く」ということは発表することが大前提の作業。書き溜めるだけであるなら話は別ですが、今回は「物を書く」という作業のリハビリが第一義にあります。そもそも小説家といわれる人種は精神的露出狂と揶揄されることもある人種です。そんな物書きの状態に自分を戻そうというのですから、とにかく「作品をさらす」ことに意味があります。

というわけで、blog更新はここまでとし、どこかでテーマを決めてのエッセイというか散文というか戯言というか、そういったものを書いてみようかなぁと考えている次第です。できればGWまでには感覚を取り戻し、GWに『Deadly Labyrnth』の改訂作業に入れれば……

あ、そうそう。実は『Deadly Labyrnth』出版の話がけっこう前からあります。体の関係で話が伸びているので、この先、どうなるかさっぱりわかりませんが、無駄にエロいせいで移転も遠慮していた同作をどうにかできる良い機会なのと、やっぱり『ONLINE』で(本来なら今のエピソードが導入部分にあたる)蒲公英戦争を描くにはDLの空気を思い出したいところなので、『ONLINE』再開のためにも、ちょっとがんばります。

以上、今年こそ復活の年にしたいおじさんでしたw

雑記 | Comments(0)
2014/04/15

なにはともあれ少しずつ

×年前から使っていたパソコンが不調だったのと、ちょうどXPの更新終了時期だからと新PCの購入を決意したは良いものの、入院時用に兄から借りていたノーパソを返した関係もあり新PCをノーパソにしたからさーたいへん。まともにテキストを書ける状態のなるまでが長かったうえに、そもそも自分が全快していないせいもあってPCに満足に向っていられる時間が1時間とないような今日この頃。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。自分は、最近暖かくなってきたおかげでようやく体が楽になってきました……(遠い目

障害者になった関係で、自分は国の就労支援制度というものを利用しています。端的に言えば、みなさんの税金で仕事&収入を得ている状況です。といっても年収は生活保護を受けた場合より下回るわけで……微妙に理不尽なものを感じつつも、だからといっては多少なりとも働ける以上は自立(?)したいところなので頑張っています。

ですが、そのせいで自分としての生きる糧である創作活動が圧迫を受け続けているというのは、ほんと、いろいろとストレスを感じずにいられません。かといって今の体では、以前のようにすべてを投げ捨てて物書き一本で生きていくことも不可能なわけで……なかなかもって悩ましいところです。

とはいえ、ようやく多少の雑文はかける程度には環境も体力も戻ってきました。もっとも、小説を書くにはもう少し、体力的なものが必要だなーと。

そういうわけで、しばらくblogでの雑文書きでリハビリしてみようと思います。あと、小説文の感覚を取り戻すという意味で、習作として短編っぽいものを「小説家になろう」さんに書ければなーと考えています。

なにはともあれ一歩ずつ。死ぬまで書くこと、絶対にやめへんでー。
雑記 | Comments(2)
2013/08/28

生存報告など

やったね、niziyaちゃん。薬の量が減るよ!(ぉぃ、やめろ

というわけで虹屋です。生存報告です。

小説家になろう」さんの「ONINE」を絶賛放置中なわけですが、最近の検査の結果、ここ2~3ヶ月の体調がすこぶる良いので「もしかしたら、あと20年くらい生きられるかも……!?」という希望をリアルに抱いている今日この頃、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。以上前振り。

いえね。おじさん、手術の時も5%くらいの確率で失敗すると聞いて「D20でファンブルしないかぎり大丈夫なんだな。楽勝、楽勝♪」と思ったわけです。そんなTRPG脳だから、老化判定にもガクブルする部分が多少なりともあるわけです。無論、判定ボーナスを得るために食事とか何だとかは気にしているわけですが、それでも煙草&酒&珈琲はやめられないわけで……えっ? やめろって? あははは。死ねと申すか(迫真)。

以上、旧『かきっぱなし』から換算するとサイト開設10周年だった今年1月13日に何もできなかったことに今更気がつき、20周年までには生き延びた上で「ONINE」も終わらせておきたいなー、と感じている虹屋の生存報告でした。

さーて。今年中にもう少しいろいろと朗報が言えるようにがんばらんとなー。

追伸.
 検査結果良好でハイテンション&酔っぱらい、のコンボのまま書きだした中、アクセス数がどうのという話題まで書き込んでいました。どう考えてもBOT等も含まれている数字っぽい上に自慢してるようにしか見えない文章だったので、今現在、削除しています。やっぱり、あれだね。酔っぱらい書き込みは事故のもとだね……(遠い目
雑記 | Comments(12)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。