--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/05/29

orz

岡田真澄さんが食道がんで死去
 彫りの深い顔立ちと長身を生かし、映画からテレビ、ミュージカルまで活躍した二枚目俳優の岡田真澄(おかだ・ますみ)さんが29日午前4時5分、食道がんのため東京都内の病院で死去した。70歳。フランス・ニース生まれ。葬儀は近親者のみで営む。後日お別れの会を行う。喪主は妻恵子(けいこ)さん。(後略)





  orz 誰か嘘だと言ってくれ…………
スポンサーサイト
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/05/27

年を取ると世界が広がる

 せめて土曜日に何かエントリーしておこう――という決意も、頭痛が痛いの空腹が空いたによって先週は挫折が折れたわけですが、斯様に重複を重ねた表現を表して執筆を書いてみるのは想像を思う以上の上に自分の私が何を言いたいのかわからなくなるのでそろそろやめようと思う。そんなわけで今日は「だである」調の気分。たまにはそういう日もあるさ。

 で、最近の気になったニュースをメモ。

「透明マント作れます」英の学者ら開発理論

(前略)英セントアンドリュース大のレオンハルト教授らによると、光の進む方向を制御できる特殊な微細構造を持つ複合素材を開発できれば、川の水が丸い石に妨げられず滑らかに流れていくように、光が物体を迂回(うかい)して進む。(後略)


 面白いので頑張って欲しい。

 さて本題。

 オリジナルの話は順調に進んでおり、つい先頃、出版元の編集長さん他、イラストレーター他、自分他の×名で顔合わせを兼ねた会食が行われ、「パンチラはOKか」「巨乳でお願いします」などという話を中華を突きながら話してきた。

 なお、巨乳を強く押したのは自分であることを、この場を借り、明言させていただく。著作を特定される可能性は限りなくゼロに近いと思いながらも、まさかの時に自分の属性がそっち方面であるという証明をどこかに残しておきたくなった――という自分の心情を証しておけば、どういう種類の作品になりそうか、ご想像がつくと思う。これで一本筋の通ったSF作品に仕上げようと企んでいるのだから、自分はかなり大それた人間なのかもしれない。

 そこでふと、脈絡もなく思ったことがある。年齢を積み重ねると「面白い」と思える事柄は変わっていく。ところが、自分はどちらかといえば中高生層に、それも「子供の科学」を呼んで育ったような中高生に、というか中高生だった頃の昔の自分に喜んで貰える作品を作りたいと常々考えている。しかし、当時の自分が喜んだ要素と、今の自分が喜んだ要素が同じであるわけがない。

 歳をとると世界が広がる。

 あれだけ広かったご町内も、中学生になると盗んだバイクで走り出したくなるような狭さだった。今や東京ですら、広いとは感じなくなってきている。しかし、ここでいう世界とは空間だけを意味するのか? と疑問に思った。

 数学的に言えば、時間と空間に大きな差は無い。いずれも次元数で現されるパラメータのひとつにすぎないわけだ。ということは、仮に空間的な広がりが有限であるとした場合、円の面積がπr2で現され、球の体積が3/4πr3で現されるのだから、時空間の内容量はkπr4で現すことになるのか、だったらすげーなおい、人の世界ってやつは時間と共に乗数的に広がるものなのか、そりゃあ老人になればスカスカになるよな――ということを、ギョウザを食いながら考えた自分がいた。

 人間ってやつは、無駄を詰め込んでもまだ余る。だから余暇やトリビアを求めるんだな。という無意味な真理を悟った自分は、ネタがかぶりそうな『涼宮ハルヒの憂鬱』をチェックする必要性を認識するのだった。YouTubeってすげぇなぁ……


雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/05/13

近況報告

本サイトの更新が滞っていますが、虹屋は元気に頑張っています('A`)ノ

オリジナルは返答があり、現在進行形で修正中です。虹屋は芥川賞より直木賞に魅力を感じるような大衆迎合万歳な作り手であるため、今は「萌えのさじ加減」で悩んでいるところだったりします。目指すは日曜午前枠のTVアニメレベル。行きすぎると深夜枠に飛んでしまうので、さじ加減の難しさを痛感しています('A`)

同時並行で版権モノも執筆中。二巻目になるわけですが、設定を無視してキャラをすっ飛ばしたいという欲求を抑えるので四苦八苦しています。少し前に少女漫画を原作にした「こどものおもちゃ」というTVアニメがありましたが、あのテンポを小説に生かしたいよなぁ……と思っているのが、そもそもの原因。YouTubeは魔物だな('A`) Ep14までしか無いみたいだけど('A`)

ONLINEは、もう3ヶ月近く1文字も書いていません('A`) オフィシャルイベントのネタは固まってるのにな……さっさと二人にレアアイテムを装備させないと('A`) まぁ、仕事が落ち着くまで放置は継続すると思いますが、そのあたりはご容赦下さいまし。

以上、虹屋の近況でした('A`)ノシ
雑記 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/05/06

返答待ちの間に

 みんな、励ましありがとう(´;ω;`)

 K社系列某社にキャラ設定と背景設定とプロットは送付済み。返答はGW明けの予定で、今は版権モノの第2巻の執筆を始めているところです。締めが5月中なわけで、他の仕事も考えるとギリギリなわけですが……

 いえね、自分って1日の就労時間を10時間で換算するわけです。それ以上は効率が悪くなるので、書類仕事というか、創作的な仕事は無理だな、と勘定するわけですよ。

 で、今現在、毎日最低6時間の定例仕事がありまして、多少の書類仕事部分も想定すると、10時間中4時間はこれに費やされている、と自分は計算してるんです。で、残るは6時間。文章を考えながら書くとなれば、40×17基準で4半日ぶっ続けなら平均して10~15ページぐらい。しかも週に2日は某仕事で丸々潰れるので、週筆は5日×13頁=75頁。つまりプロット等が出来ている状態で200~300頁の作品なら4週間、約1ヶ月で脱稿する計算になります。

 で、版権モノ第2巻の締めまでの日数は計算すると約3週間。

 どないしろと('A`)

 ただでさえ休日0日で計算して、これなのに('A`)

 これが売れない物書きの実情です orz

 早くヒットを出して、少しでも楽をしたいよ……('A`)
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。