--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/24

再びバンナム商法のこと

 また土曜のエントリー、忘れてた……orz

 というわけで、語り出すと長いバンナム商法の話を再び──というか、コメント返信を書き出したら長々となってしまったので、ギュッと要素を詰め直してみました。

※関連エントリー


 まず反対意見の根っこにあるのは「DL販売の悪用」であり、これを懸念する意見は、一概に杞憂だと言い切れないところが今のゲーム業界の難しいところだったりします(特にコンシューマーゲームの製作はエロゲ移植でも無い限り億単位の予算を前提にするのがほとんどのため、収益に直結するアイデアは悪用されてもおかしくないんです。ポータブルだと開発費も少し抑えられますが、今度は限られた容量をうまく使える「昔ながらのクリエイター」が絶対的に不足しているので、そこがネックになっています)。

 しかし、反対側の意見も「攻略本商法」が広がった頃に通ってきた道をなぞっているだけの場合が多く、説得力はありません(攻略本が無ければ気づかない隠し要素が増加したこと。「買わなければいい」はDL販売にも言えることだが、当時、そう主張する人は盲目扱いを受け、叩かれました。現存する様々な攻略サイトは、こうした攻略本商法への反発から生まれたもの。これに対抗する意味で、よりマニアックな攻略本やムックという形で違う価値を付随する方式がとられていったわけですが、いつしか攻略本商法そのものが問題視されない状況になってきたことは、今現在を見ればわかることかと)。

 さらにセンチ商法。コナミ商法とも言いますが、グッズで儲けるビジネススタイルです。でも、今やこれも当たり前。「それはそれ、これはこれ」が当たり前となってるわけです。

 「でもゲームの中身に関係してないだろ!」というあなたには、アペンド商法はいかがでしょう。コナミさんがビーマニで確立した追加データを売る商法です。これの極北が、ひぐらし商法だと自分は思っています(同人だからこそ可能だったという話もありますが、シナリオが命のノベル形式で、ああもあからさまに続編を買わせようとするやり方は、ゲーム系の物書きとしては釈然としないものを感じます。でも、そのことを叩く人はほとんどいないのが現状。世の中、そんなものです)。

 つまりまぁ、あれですよ。

 善し悪しの結論は、5年後ぐらいに語るべきではないかと。少なくともカプコンさんがかつて出した「連作RPG」なんていう試みは不発に終わり、かつ後追いも出てこなかったという「事実」があります。市場の淘汰性ってやつは、大手だからどうこうできるってレベルではないってことです。そういう過去があることを踏まえれば、新しい試みは「まず肯定する」という姿勢を持つべきではないのか──というのが虹屋のスタンスです。

 が、根の深い問題だよなぁ、と思うところもあったり。

 というわけで、また関連するエントリーを書くかもしれませんし、面倒になってコメントだけで対応するかも──とか言いながら、実はこのテキスト、まとめなおしたうえでコメントに書こうとして、あまりにも長くて「これを使えばエントリー立てられるんじゃね?」と思ったのでそうした、というものだったり。

 あれですよ、あれ。

 こんな虹屋の言ってることなんで、話半分に扱ってくださいってことです ('A`)
スポンサーサイト
雑記 | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
No title
あ~、論旨がよーわからんです
結論で肯定しとる割には本文の内容は商法否定してる気がします
なんだか取り繕ってるような善人を気取ってるような
まぁ読んだ印象だけですが

とりあえず消費者として言うならひぐらしは同人の方買ってたけど不満はなかったな
あくまで消費者としてだけど
つか2000円(だっけ?なんかもっと安かった気もするけど)であのクオリティ(絵と曲は無視)と分量なら文句言う方が間違ってる気が
ちゃんと章ごとに完結してたし
つかあれが成立してたのは値段以上にクオリティ高かったからじゃね?
.hackもそうだったけど消費者は納得できるクオリティなら不満ないし買い続けるんだぜ、と
まぁ作家さんは違うんだろうけれど
No title
>>タナカバさん

>あ~、論旨がよーわからんです

ごめん。やっぱり自分、プロのくせにレベルが低すぎますね orz

>結論で肯定しとる割には本文の内容は商法否定してる気がします
>なんだか取り繕ってるような善人を気取ってるような

あははは……そんなものかもしれません ('A`)
自分はNiftyや2chとかで儲扱いされ、叩かれていた側だったりするんで、ミイラ取りがミイラになってるところ、あるのかも。

あと「××商法」と名付けるだけでネガティブな印象が生まれる、という部分も少々あるかな?

それと「ひぐらし」に見る分割販売の事例は、もっと言及すると「長編小説の販売方式」と同じ、と考えることが可能だったりします。その点でいえば、方式そのものを否定する要因がまったく無いわけです。それこそ、

>つかあれが成立してたのは値段以上にクオリティ高かったからじゃね?

という考えも正解。同人であればこういう展開も許されるというあたり、日本ってすごいよなぁ、と感心したものでしたし(逆に「ひぐらし」が持つミクロな文化的要素を考えると、邦画と同じ道をたどっている感じがして、少しモニョりますが……。このあたりはいずれ、エントリーにまとめてみます。ちゃんと文章を推敲した上で orz )。

閑話休題。

今回のエントリーで言いたかったことは「ゲームの売り方についての試行錯誤はこれまでたくさんあった」ということ──って、だったら最初からそう書けよ、というだけですね。うん、ごめん ('A`)
No title
>「ゲームの売り方についての試行錯誤はこれまでたくさんあった」

あまりにも当然のことで笑ってしまった。いや、もちろんいい意味でです。
温故知新。昔の前例を見れば、物事の結果の大筋は見えるものです。もちろんたまに大きく裏切られるので、一概にこうだとは言えませんけれど。

まあ、ゲームは基本的に面白いと感じられるシステムしか残りません。
5年後であれ今であれ物事の在り方を決めるのは社会であることは変わりませんし、この方法が残ったのならばそれは人々に認められたということになるのでしょうね。まあどちらにしろ、今の自分にとってはどうでもいいことです。

ただこの方法が認められた場合、個人的に面白いゲームが減りそうなのでいやですけれどね。

P.S
ついでに言うなら、ひぐらしだって面白いから認められたんだと思うし。面白い販売システムなら社会のほうから認めてくれます。
No title
ひぐらし商法ってたまに聞くけど、何を問題としているのか、よくわからなかったり
小出しではなく、全話を収録するべきってことなのかな
でも最終巻だけ買えば、前の話が丸々収録されてるから、豪気とすら思える
すさまじいコストパフォーマンスだなーって
ひぐらしはおもしろかった??ことに加えて
同人だったことも分割商法が許された原因だったのでしょうか
コミケに出すサークルは大手以外ほとんど赤字だと聞きますしね…

今回のことで虹屋さんは気にするなとおっしゃっていますが
とても人気がある作品を執筆されているので沢山の人が閲覧することにより
多種多様な意見が出ることは仕方ないように思えます
なのであまり気にせず思った通りのことを書いていただけたらなと思いました
生存報告代わりにエントリーがあるだけでも嬉しいですしね(笑)
No title
>>全さん

>ただこの方法が認められた場合、個人的に面白いゲームが減りそうなのでいやですけれどね。

何事にも栄枯盛衰がありますからねぇ。虹屋の青春そのものだったPBMみたいな「メジャーになることさえなかたジャンル」もありますしw いやぁ、クレギオン#1で一緒に会社を作った方々、今頃どうしてるかなぁ……。

>>通りすがり さん&かたなし さん

ぶっちゃけ、「ひぐらし商法」という言葉を使う人は、「ゲームとはかくあるべし」な方(※虹屋含むw)か、単にやっかんでる方が使ってるだけですね。

いずれエントリーにまとめますが、分割販売については「同人はアマチュア枠なので許されるが商業ベースはプロ枠なので許されない」という感じだと思います。限界はアトラスさんの「ペルソナ2 罪」と「罰」ぐらいの分割でしょうね。いわゆる章立てをやってみたカプコンさんの某RPG(名前ど忘れ)は事実上の途中打ち切りみたいな感じになりましたし。

あと、「ひぐらし」は一般的な意味合いでのゲームではなく、「ユーザー間のコミュニケーションを促進するツール」であるとしたうえで、さらに同人ベースを雑誌連載、商業ベースを新書出版と想定すれば、「うわぁ……」としか言いようがない完成度を誇っていることがわかると思います。んで、そこから考察をさらに深めていくと「竜騎士07氏は天才!」としか言えなくなってしまいますw そのあたりをいずれ、ちゃんとまとめてみたいと思います……というか、すでに書いているブログがどこかにありそう。

話題作だもんなぁ。先に論じてる人、絶対、どこかにいるよなぁ ('A`)

>>かたなし さん

>とても人気がある作品を執筆されているので沢山の人が閲覧することにより

>とても人気がある作品を執筆されている

>とても人気がある作品

>とても人気

ヾ(*´∀`*)ノ ←舞い上がっているおじさんの図
No title
そもそもテイルズやらんから何か言うつもりはなかったのですが、一ついいたくなりましたのでここに書き込まさせていただきます。
自分はゲームはRPGくらいしかしないのですが、その際じっくりと進めます。 そのとき、友人などに、「金払えばすぐにレベルが上がるのに---」とか、後から始めた人に「俺金払ってもうおまえと同じレベルだぜ」などといわれたりするのは正直業腹です。 
自分以上に時間を費やしてレベルを上げたなら「すごい」ですむのですが、お金で上に行かれる、というのはどうしても腹が立ってしまいます。
もっとも、これは時間のあるk中学、高校生くらいの年齢故、かもしれませんが…
長文失礼しました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。