FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/11

支援制度のありがたさ

退院して故郷に戻り、職場にもどうにか復帰しました。普通の職場ならクビになっても当然のところでしたが、就労継続支援A型で雇用されているおかげでなんとかなっております。

ほんと、障害者になって初めて、この手の制度のありがたみが良くわかるというか。

寝る時に自覚できる「カチッ、カチッ、カチッ」という人工弁の音そのものが、今の生活を支えている蜘蛛の糸なのかもなぁと思わずにいられない今日この頃。みなさま、いかがお過ごしでしょうか(以上前ふり)

メール対応が終わったので、そろそろ執筆を……と思ったのですが、体力が続きません(涙

創作って、自分の場合、けっこう重労働なもので(汗

諸々のことで腹筋とか背筋とかも弱りまくっているのが一番の原因かな? 東京で働いていた時と比べ、最近、デスクワーク時の姿勢の保持がけっこうたいへんになってきました。下手に運動すると動機が凄いことになるので、ちょっとずつ体造りから再開しないと話にならんかも……などと思っています。

そんな次第で、思い入れの深い「ONLINE」の執筆再開はまだまだ先の話になると思います。当面は体力作りと、また月単位で空いてしまった執筆感を取り戻すために、作文レベルの掌編をチマチマと書いて感覚を取り戻す作業に入ろうと思っています。

そうそう。

メールを確認していたら、「フェザー文庫」様から「ONLINE」の出版打診がありました。以前なら嬉々として応じていたところですが、推敲の余力がありませんorz 今回は泣く泣く辞退の返信をしましたが……やはり紙媒体としてオリジナル作品をこの世に残しておきたいところもあるので、頑張って復帰したいなぁと思っています。

連載再開のやるやる詐欺をやっちゃって、本当にごめんなさい。

以上、ようやく雪が溶けてきた家の周辺を見て春を感じつつある東北在住のniziyaでした。ではでは~。
スポンサーサイト
雑記 | Comments(8)
Comment
No title
職場復帰おめでとうございます
やはりリアルあってこその創作ですからね

出版などに関しては、ネット小説を漁っている身からすると、慎重な判断をして欲しいと切に思います
そちらで挫折してしまうと、以前まで定期的に更新してた人でもネット上から去ってしまうという事例を何度も見てきましたから
完結作を推敲して出版するのでないならば、プロ同様に数カ月に1冊出せるぐらいの余力がないと難しいのではと感じてしまいます

なにはともあれ、無理をしすぎないように体に気をつけてお過ごしください
No title
好きな作品が、フェザーで出版してソッコーで無期限凍結になったりしていて、凹んだ事のある人間が通りますよ…

今はまず、体力を戻してチャージする感じがベストかと。

人工弁、結構響くんですよね、音が。
聴診器なんか当てると、そりゃもう耳にはっきりサウンドが。本人ならば尚の事でしょうねぇ…

お体に気をつけて、無理せずお過ごしください。
いくらでも待ってますのでー。
No title
>>通りすがりさん
「こまつな」ですかわかりません(ぉ
あれは見た瞬間にちょっとキレましたけどね


文庫化してくださるのは読み手側としてもとてもうれしいんですが安心と納得のできる選択をしてほしいです!
特に「ONLINE」は未完結ですし、774さんもおっしゃっているようにいざ出版するとなると色々と大変だろうと思いますから。

自分はいつまでも待ちますから、niziyaさんの納得いく作品を見せていただきたいな、と思います!! では~
No title
フェザーだけはやめたほうがいいね。
どうみても弱小出版ですし、2巻の情報がまったくでない。
どうもなろうのランキング上位でいけそうな作品に声を掛け捲ってるみたいです。
No title
体お大事に
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。