--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/14

中二病こそ創作の原点

 最近、「Fate/Zero」を手に入れたました。TYPE-MOON作品が大好きな虹屋としては、いずれ読んでおきたいと思っていたものです。

 特にFateシリーズの英霊の描かれ方はイイ!

 なまじ、その方面について知識があるだけに、普通なら陳腐にしかならない表現が、途方もないくらい胸をつくわけです。「Fate/Zero」では、なにはおいてもライダー。自分、塩野七生先生の「コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)」で東地中海史に目覚めてしまった人間のため、そりゃもう、ライダーの虚淵玄解釈が痛快で痛快で面白いわけです(特に某3世の解釈は創作者の真髄を見た気分。驚愕と嫉妬で、そこから数日間、続きを読めなかった……)。

 また、物語の土台が愚直なまでに王道であるところも、自分がFateシリーズを高く評価している理由です。「どごか!?」と思う人もいるでしょうが、それなりに物語を分析しようとした経験があれば、それぞれの作品が、結果的に「神話性」をどれほど維持しているか、わかると思います。英霊と魔術師たちが超越的であればあるほど、彼らもまた運命(Fate)に弄ばれるだけの存在にすぎない――そのギリシア悲劇との相似性は「うまいギミックを思いついたもんだなぁ」と感嘆するしかありません。

 ただ、世間にはFateシリーズのような作品を「中二病」的として、一段低く見る風潮もあります。まあ、気持ちはわかります。設定は仰々しいものの、そこで描かれているのは、ごく平凡な“ヒトの苦悩”ばかりであり、それを誇張しているだけにすぎないと言うこともできるからです。それなら現実の物語として、現実の世界を舞台に、現実にいそうな人々を持ちて語るべきできはないのか、という指摘もうなずけるところがあります。

 それでも。

 娯楽の本質は逃避です。ゲームにしろ、小説にしろ、漫画にしろ、アニメにしろ、映画にしろ、ドラマにしろ、舞台演劇にしろ、音楽にしろ――すべては現実と無縁の何かに「興(きょう)じる」ところに、娯楽の本質があります。そこにきて、誰もが身に覚えのある思春期の妄想に、強く惹かれてしまうのは当然の結果です。そして、誰もが妄想と現実が違うことを知っており、それゆえに傷つくことも知っている。だからこそ思春期の妄想そのままの世界にいる主人公などが傷つき、苦しむことに共感する。

 ゆえに。

 中二病こそが、すべての創作の原点になりえる。そのことを虹屋は再認識させられました。

 そして――単なる憶測にすぎないと思いつつも――著者の虚淵玄もまた、同じことを考えているのではないかと思わずにいられません。そうでもなければ、ウェイバーにあのような「結末」を与えるわけがない。彼こそが「私たち」であることを考えていなければ、あんな「結末」を……。

 3巻の解説で田中ロミオ氏はこんなことを書いています。

 虚淵氏のことはデビュー作から同人活動に至るまで全てストーキングしている。だから巧いことは知っていた。
 だというのに『Fate/Zero』ではしばしばい驚かされてしまう。
 読み進めるほどに羨望が増す。
 面白いのに、苦しい。面苦しいという状態に陥る。



 まさに。

 まさに。

 ただまあ、同時に商売人(?)として思うのは「それでも時代は薄味なんだよなー」という溜息混じりのものだったりします。そんな自分だからこそ、たった2凸の小さいレゴブロックを人間に見立てて兄弟と遊んでいた時のことを思い出さずにいられません。あの時は商売とか、評価とか、そういうものを一切気にせず、ただただ物語ること、そのものを楽しんでいたなぁ……と。
スポンサーサイト
雑記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
>fate/zero
虚淵玄氏の“熱い”作品が嫌いではありませんが、fateファンとしてはニトロ色が強すぎてちょっと倦厭してしまいます。

それより九時前に地震が起きましたが、大丈夫でしょうか?
No title
>虚淵玄氏の“熱い”作品が嫌いではありませんが、fateファンとしてはニトロ色が強すぎてちょっと倦厭してしまいます。

自分はあまりニトロ作品に触れていないせいか、まったく気になりませんでした。むしろ、もっとドロドロで救いのない展開や描写を予想していただけに、「マジで巧すぎる……」と思ったほどです(いわゆる虚淵色は桜ルート+月姫の殺人貴絡みの描写ぐらいに感じました)。

>それより九時前に地震が起きましたが、大丈夫でしょうか?

自分は平気です。でも、東京には長い横揺れがあって、ちょっとだけ気色悪かったかな? 今時点(9:47)では震源地付近が心配です……
No title
宿命に縛られるがゆえ、愚直なまでに王道・・・か。

Fate/ZERO ・・・この手のものは全く買ってないのに、なぜか買いたくなってきた・・・虹屋さんは何かの紹介文を書くのがうまいですね。
ああ、何か広告とか書いていそうなイメージが。

P.S
背景が久しぶりにリニューアルしましたね。
というか、自分がここを知ってから初めて変わったような・・・?
No title
>ああ、何か広告とか書いていそうなイメージが。

小説から販促用テキストまで、なんでも書いております。もっとも、とんでもない誤植王&錯誤王なので、誰かが校正してくれることが大前提だったりしますがw

>背景が久しぶりにリニューアルしましたね。
>というか、自分がここを知ってから初めて変わったような・・・?

まさに。というか、デザインって決めるまでは異様なほど悩むのですが、一度でも決めてしまうとあとはまーったく気にしない人間なものでw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。